読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆書評☆さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

  • おすすめ読者層

  さおだけ屋が潰れない理由を知りたい人

  身近な例を通して会計を学びたい人

  利益の最大化を簡易に知りたい人

  数字の苦手を克服したい人 など

  • 内容
  1. さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

本のタイトルでもあるこの疑問。。。実は冒頭35ページにて解決してしまうのだ。

その訳二つであった。

①、単価を上げて売り上げを増やしていた!

②、仕入れの費用がほとんどゼロの副業だった!

①の結論は、さおだけは頻繁に変える品物ではないため、売る時に安物より良い商品を売り付ける、そして、そのついでにさおだけの土台の修理も一緒にセールスをするという手腕である。 このように顧客は頻繁にいないが、一回の取引単価を高くすることで、利益を出しているのだと。

②の結論は、さおだけ屋の本業は金物屋だということだ。さおだけは本業で扱っている商品の一部でしかなかったのだ。さらに、お得意様に商品を配達するついでに、さおだけ営業を行っている者も中にはいるのだそう。つまり、さおだけ屋は、配達時間も営業に回しているとても効率の良い副業であったのである。

 

2.連結経営で企業は上手くいく

続いて作者は他の身近な商売を用いて、上手会社を運営していくのに連結経営の利点を述べている。連結経営とは、本業を活かして、相乗効果が期待できる副業(事業)を行うというものだ。飲食店なら料理教室、本業に則した本を出版するなどだ。

 

3.企業も個人もフリーキャッシュフローが大切

フリーキャッシュフローとは、利益(収入)から最低限必要な出費を引いた、自由に使えるお金のことである。この額が大きい程、経済的に人は豊かであるのだと。

あなたの毎月のキャッシュフロー

収入-生活費-ローン家賃-保険料-貯蓄積立=フリーキャッシュフロー

 

  • 感想

いやあ、さおだけ屋が副業であったことを知らないどころか、金物屋という商売があることも知らなかった。皆さんは金物屋なるものを御存じであっただろうか。私が調べた限りでは、小さなホームセンターのような所だ。利益構造的には効率が良く驚かされた。やはり経営は規模ではなく手腕であることが再認識できた。

本著の著者は非常に分かり易い文章で会計のことを書かれていて、とても読みやすい。読んでいて、笑ってしまう表現もあり、勉強と同時に楽しめて一石二鳥の気持ちがして清々しい。

楽しい時間をありがとう、山田真哉殿!

書評☆サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい☆

 

書評☆サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい☆

編集
  • おすすめ読者層

   サラリーマン以外の道を探している人

   節税をしたい人

   株式会社の優位性を知りたい人 など

  • 内容
  1.  著者はこの本において、株式会社をつくることによっての一番のメリットは節税が出来る点であると説いている。その理由に現在国が、国民に起業を促すために、株式会社に有利な税制に税法を変更してきているというのだ。さらに、それだけではなく、サラリーマンなどの一般労働者にとって不利な税制になってきているという。
  2.  法人が有利な点とは?                         その象徴として、法人税は最高23.9%であるのに対して、労働者の所得税は最高45%課せられている。さらに法人税は下げられてきているのに対し、社会保険料は毎年0.354%ずつ引き上げられている。そして、著者は自分株式会社、つまり、従業員は自分だけの会社をつくることを勧めている。
  3. なぜ自分株式会社

  一人だけの株式会社にする利点として次の点を著者は上げている。

  ・自分に対して、役員報酬を出しそれを費用に計上して、節税出来る。

  ・自宅をオフィスにすることで、通信費、水光熱費、賃料等のあらゆる経費を費用にすることで、節税することが出来る。

  ・従業員を雇うと労働保険に加入しなければいけない。

  ・役員は自分だけで、争いもない。

 4.株式会社をつくるにおいて注意すること

 しかし、著者は、株式会社を設立することを急いではいけないと注意を喚起している。なぜなら、株式会社の設立、維持にもそれなりの費用が掛かるからだ。

 設立時には登記費用、定款認証など、最低25万円の費用

 維持費としては、法人住民税年額7万円、税理士料年額20万円等であると述べられている。

 さらに、ビジネスモデルはストックビジネスを軸に、フロービジネスを推し進める勧めている。ストックビジネスとは、一度仕組みを作れば、自分が働かなくとも恒常的に収入が得られるビジネス(不動産、特許など)。フロービジネスとは、売り込み、商品開発が恒常的に求められる謂わば、自分が動かなくては収入が得られないビジネス(飲食、アパレルなど)。フロービジネスは収入は大きくなるがリスクが高いため、ストックビジネスで軸をつくることが良策なのだそうだ。

 5.いつが法人化の目安か?

 著者は、売上1000万円、課税所得400万円を超えた所が法人化を決める基準にするといいと述べている。

  • 感想

個人的に驚いたことは、国が起業を促すために、法人有利な税制度にしているだけではなく、労働者に不利な制度にも移してきているという事実だった。皆さんはこの事実をどう受け止めるだろうか。私はサラリーマンであるが、素晴らしいことであると感じた。なぜかって?それは労働者の立場から資産家の立場まで、動いた人が行きやすくなってきているということだからだ。

この本を読み、その事実を知れただけでも私自身、一歩前に前進できたと感じている。

ありがとう、吉川英一殿!

初めての。。。

初めまして、じろです。

私がこれから書こうと考えているブログは、自分が読んだ本についてのビジネス本の書評です。

このブログを書く目的は主に、自分の読んだ本についてのさらなる理解、さらには、皆さんにブログを通じて貢献できると考えたため、始めることを決意致しました。世の中WIN-WINで回していきたいものです。

拙い文章であると思いますが、これから記事を書いていくにつれて、良い文章にしていけるように精進していくつもりでございます。

どのような意見でもコメントを頂けたなら幸いです。

 

これからどうも宜しくお願い致します。